自分でできる相続税をおさえる方法


自分でできる相続税を抑える方法は贈与を活用することです。当然、相続だけでなく贈与にも税金がかかります。

相続税例えば、贈与する財産が3000万円を超える場合、およそその金額の55%を税金として納めることになります。贈与税は控除を受けることができ、もし3000万円を超える贈与が発生すると控除額は400万円程度になります。贈与税がかかるので、贈与で相続税を節約できないのではと不安になる人もいますが、1年で贈与額が110万円以下であれば贈与税はかかりません。つまり、贈与税を支払わなくても110万円までであれば贈与が可能です。この暦年贈与制度を利用し贈与税が発生しないように定期的に遺産を贈与すれば、相続をする遺産を減らすことができるので、相続税を結果的におさえることができる可能性があります

その他にも相続時精算課税制度を活用して節約することができます。相続時精算課税では贈与を受けた財産の合計が2500万円以下であれば非課税で不動産などを贈与することができる制度です。この制度を活用すれば暦年贈与制度と同様に相続する財産を減らすことができます。しかし、相続時精算課税制度は全ての人が利用できるということではありません。

それでは、最後に税理士への相続相談について紹介します。