税理士への相続相談について


このように自分の力だけで相続税をおさえることができる方法はありますが、自分だけの力だけで相続税の節税対策をすることに不安を感じる人も少なくないでしょう。例えば相続時精算課税制度では年齢などに制限が設けられているので、相続する予定がある人や実家の遺産がたくさんある人の中にはその制度を利用できない人もいます。また、節約できたとしてもその方法が適切でなかったら税務調査などを受ける可能性が高くなるので、不安を感じる人もいます。

税理士そこで不安を少なくして相続税の節税対策をするために税理士さんを利用する人が多いです。税理士さんは主に相続税の節税対策や申告に関する相続相談を受け付けており、相続税に関してアドバイスを受けることができます。税理士さんは税金に関するプロの専門家ですので、アドバイスを聞いてその言葉通りに節税対策を実行すればご家庭に合った節税対策を行うことができます。

また、税理士さんでは相続税に関することだけでなく法定相続人の調査や遺産価値の算出も依頼することができます。そのため、法定相続人の把握や価値の算出を代わりに行ってもらうことができるので、利用することで時間短縮をしたり、手続きをスムーズに行うことができる可能性があります。

自分でできる相続税をおさえる方法


自分でできる相続税を抑える方法は贈与を活用することです。当然、相続だけでなく贈与にも税金がかかります。

相続税例えば、贈与する財産が3000万円を超える場合、およそその金額の55%を税金として納めることになります。贈与税は控除を受けることができ、もし3000万円を超える贈与が発生すると控除額は400万円程度になります。贈与税がかかるので、贈与で相続税を節約できないのではと不安になる人もいますが、1年で贈与額が110万円以下であれば贈与税はかかりません。つまり、贈与税を支払わなくても110万円までであれば贈与が可能です。この暦年贈与制度を利用し贈与税が発生しないように定期的に遺産を贈与すれば、相続をする遺産を減らすことができるので、相続税を結果的におさえることができる可能性があります

その他にも相続時精算課税制度を活用して節約することができます。相続時精算課税では贈与を受けた財産の合計が2500万円以下であれば非課税で不動産などを贈与することができる制度です。この制度を活用すれば暦年贈与制度と同様に相続する財産を減らすことができます。しかし、相続時精算課税制度は全ての人が利用できるということではありません。

それでは、最後に税理士への相続相談について紹介します。

相続税をおさえる方法には相続相談などがある


相続税とは被相続人の遺産を相続する際に発生する税金のことになります。日本には様々な部分に税金が課されます。例えば、モノを購入する時には消費税がかかります。また、住宅を所有している人は固定資産税を毎年支払うことになります。相続をする時も同様にその相続する遺産の価値に合わせて相続税が課され、それを10ヶ月以内に申告して相続税を支払うことが求められます。

弁護士相続税の支払いは基本的に法定相続人が行うになります。相続は誰でもできるということではなく、法定相続人だけが被相続人の遺産を引き継ぐことができます。例えばご両親がお亡くなりになった時はその子供やご両親のご兄弟が法定相続になることができます。法定相続人が一人というケースは少なく、一般的には複数の法定相続人がいるご家庭が多いので遺産を引き継ぐことができる人を調査します。

相続をする時には遺言書が遺産分割に反映されるケースがあります。遺言書は被相続人が生前に作成することができ、弁護士を利用して準備する人が多いです。相続をする時は遺言書の有無なども確認します

相続をすることができたらその遺産の金額に合わせて相続税を支払うことになりますが、相続をする人の中にはなるべく相続税の支払いを節約したいと考える人もいるのではないでしょうか。節約することができれば子供の養育費などに充てることができます。そこで今回は自分自身で相続税をおさえる方法や、税理士への相続相談について紹介します。